ホーム   >   日本での総合不動産業   >   土地活用
日本での総合不動産業

収益を上げてこその土地活用

「土地神話」が崩壊して久しい日本。土地は所有で資産価値が増大した時代は終わりました。

資産価値を高めるためには、いかにその土地を有効活用し、いかに収益を上げていくかが勝負となりました。しかし、やみくもに建物を造るのでは意味がありません。

その土地が持つ歴史、所有者のその土地に対する想い、またそれに至った背景そして・・・
その土地の周辺の環境など、様々な要素を加味した上で綿密な計画が必要となっています。

また近年の市況により、さらなる市場の空室率UPで賃貸経営を行うリスクも上がっています。

そしてここ数年でさらにメディアに露出している、30年、35年と家賃保証を行うので安心!だから建てましょう!という会社。しかしその多くは当初2年間や10年間のみ家賃保証しますが、実はその2年毎に家賃保証額の見直し機会が与えられています。

そして数年後、家賃の見直しが行われるのです。つまりオーナー様にとって長期で見込んでいた収入が得られない現実があります。

やはり建築前の調査や綿密なプランなしには本当の賃貸経営は実現できないことがご理解いただけるでしょう。

SPMが提案する不動産経営3つのカギとは?
SPMが提案する不動産経営 成功の3つのカギ

ウエイト付けすると、収益性や立地性を見ながら、物件を建築・購入するまで80%
その後、いかに運用していくかが20%を占めています。
ですから、建築するまでがその後何十年もの賃貸経営のカギを握っているのです。

さらなるマンション・アパート 経営のメリットとは?

SPMコーポレーションのもつ調査・データ分析力と豊富な地域情報を駆使して、
土地の周辺人工や世帯・交通アクセス・周辺競合店情報などの
商圏・市場について客観的なデータを収集・分析します。

さらなるマンション・アパート経営のメリット

メリット①
相続税の節税対策

賃貸アパート、マンションを建築する事により、土地と建物の相続税評価額を下げる事が可能になり、節税効果が期待できます。また、建物に借入金があれば、遺産総額からその額を差し引くことができます。

メリット②
土地の固定資産税等の軽減

土地の所有していると、毎年固定資産税と都市計画税(都市計画区域のある市町村)がかかります。その土地に賃貸アパート、マンションを建てる事により固定資産税の軽減措置があります。

メリット③
安定した家賃収入、将来の年金が心配な方も安心

しっかりと管理する事により、安定的な家賃収入を得られます。(しっかりした返済計画、建物及び入居者管理、計画的な修繕計画等、様々な要素が必要です。)

事業内容|CONTENTS

お問い合わせフォーム お問い合わせフォーム

受付時間:平日10時~18時
ご相談・ご要望、なんでもお問い合わせください。

受付時間:平日10時~18時
ご相談・ご要望、なんでもお問い合わせください。

NEWS